レーシック手術をしても、また目は悪くなるの?

ブログ

視力矯正のレーシック手術を10数年前に受けたのですが、当時、0.01の視力が1.5まで回復し、メガネやコンタクトレンズを使用しなくても良くなり、かなり快適に生活を送れるようになりました。

最近、健康診断を受けたのですが、なんと両目ともに視力が低下していたのです。そういえば最近、目が悪くなったような気はしていましたが、まさかの0.6まで低下。スマホやパソコンでの作業が、いつのまにか視力の低下につながっていたのですね。

レーシック手術をしても、また目は悪くなります

残念!!レーシック手術をうけて、一時的に視力が良くなっても、また目は悪くなるんですね。再度、レーシック手術を受けるという選択もあるのですが、2度めの手術は角膜の薄さが足りなくて、できる人とできない人がいるそうです。

いまは直接レンズを埋め込むICLという手術があって、そちらは角膜が薄くても視力矯正可能で、万一、悪化した場合でもレンズの交換という方法があり、何度でも矯正可能みたいですね。ただし、いまのところ手術費用は高止まりで、60万円程度するようです。生活の質を向上させるということでは素晴らしい手段ではありますが、なかなか簡単には手が出ないお値段です・・・

ちなみにですが、レーシック手術を受けた際のお医者さんは、みなさんメガネをしておられました。邪推ですが、レーシックには、それなりにリスクが有るということなのかなと推測しております。

ネット上には手術後1,2年で視力が低下したとかネガティブな投稿も目にしますが、自分は10数年も維持できたのでコンタクトレンズの代金やケア用品の代金を比較しても、やってよかったと思っています。

レーシック手術を受けても、また目は悪くなりますので、目が悪くならない生活習慣を心がけることが大切かと思います。

そういえばこの本、買ったはいいけど、なかなか続けるの難しくて、効果がわかりにくい!効果には個人差がありますってやつですかね・・・

コメント